統計検定

統計検定 公的資格

統計検定の概要(概略)

  • 統計検定は、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験。
    データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力は、仕事や研究をするための21世紀型スキル。日本統計学会は、国際通用性のある統計活用能力の体系的な評価システムとして統計検定を開発し、様々な水準と内容で統計活用力を認定している。

 

統計学の知識や活用力を評価する試験。どちらかというと「理論寄り」で、統計学の基本的な用語や概念を理解したり、事例問題を解きながら統計分析の手法を学んだり、統計学の理論をじっくり学びたい人に向いている。研究者や医師、会社員など様々な職業の人が受験をしている。

統計検定の受験資格

  • 年齢、所属、経験等に関して、受験上の制限はない

統計検定の試験内容(科目)

  • 統計検定1級:実社会の様々な分野でのデータ解析を遂行する統計専門力
  • 統計検定 準1級:統計学の活用力 ─ 実社会の課題に対する適切な手法の活用力
  • 統計検定2級:大学基礎統計学の知識と問題解決力
  • 統計検定3級:データの分析において重要な概念を身に付け、身近な問題に活かす力
  • 統計検定4級:データや表・グラフ、確率に関する基本的な知識と具体的な文脈の中での活用力
  • 統計検定 統計調査士:統計に関する基本的知識と利活用
  • 統計検定 専門統計調査士:調査全般に関わる高度な専門的知識と利活用手法
  • 統計検定 データサイエンス基礎:具体的なデータセットをコンピュータ上に提示して、目的に応じて、解析手法を選択し、表計算ソフトExcelによるデータの前処理から解析の実践、出力から必要な情報を適切に読み取る一連の能力
  • 統計検定 データサイエンス発展:数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムのリテラシーレベルのモデルカリキュラムに準拠した内容
  • 統計検定 データサイエンスエキスパート:数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムの応用基礎レベルのモデルカリキュラムを含む内容

統計検定の学習方法

『 統計検定』関連書籍はコチラ

統計検定のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

一般財団法人 統計質保証推進協会
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-6

その他 経営・労務・事務系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました