日商PC検定試験

公的資格

日商PC検定試験の概要(概略)

・情報通信ネットワークがビジネスインフラとして定着し、企業ではパソコンなどの情報機器や
 これにつながるネットの活用は不可欠です。ビジネス文章の作成能力や業務データの処理分析
 能力、情報収集、発信力のある人材育成が目的で生まれた検定試験です。

・資格の種類:公的資格

日商PC検定試験の受験資格

制限なく誰も受験できる。

日商PC検定試験の試験内容(科目)

3分野に分かれ、知識科目と実技科目を実施(Basicは実技科目のみ)。各級のレベルは以下の通り

【Basic】
基本的なワープロソフトや表計算ソフトを操作スキルを有し、企業実務に対応できる(Bssicは、文書作成、データ活用のみ実施)

【3級】
・文書作成:指示に従い、ビジネス文書の雛形等を用いて、正確かつ迅速にビジネス文書を作成できる
・データ活用:表計算ソフトを用い、指示に従い正確かつ迅速に業務データベースを作成して集計、分類、並べ替え、計算、グラフの作成ができる
・プレゼン資料作成:指示に従い、プレゼン資料の雛形等を用いて、正確かつ迅速にプレゼン資料を作成することができる

【2級】
・文章作成:与えられた情報を整理・分析し参考となる文章を利用して、状況に応じた適切なビジネス文書、資料等を作成することができる
・データ活用:表計算ソフトを用い、当該業務に関する最適な方法で分析し、表やフラグを駆使して業務報告・レポート等を作成できる
・プレゼン資料作成:与えられた情報を整理・分析し、図解技術、レイアウト技術、カラー表現技術等を用いて、適切で分かりやすいプレゼン資料を作成することができる

【1級】
・文書作成:必要な情報を入手し、業務の目的に応じた説得力のあるビジネス文書・資料等を作成することができる
・データ活用:自ら課題やテーマを設定しデータベースを駆使して分析し、説得力のある業務報告・レポートなどを作成し、今後の戦略・方針を立案できる
・プレゼン資料作成:与えられた情報を整理・分析するとともに、必要に応じて情報を検索・入手し、説得力のあるプレゼン資料を作成することができる

日商PC検定試験の学習方法

◆高校生の方は
日商PC検定試験を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる
   日商PC検定試験

◆大学生・社会人の方は
今なら、日商PC検定試験の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。   ユーキャンの案内資料のご請求はこちら

『日商PC検定試験』関連書籍はコチラ

日商PC検定試験のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

全国主要都市の商工会議所 ☎03-5777-8600(検定情報ダイヤル)

その他 経営・労務・事務系に関連する職業・資格

 

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました