キャリアコンサルタント試験

キャリアコンサルタント試験 国家資格

キャリアコンサルタントの仕事内容

・労働者の職業の選択・能力の開発、職業生活設計に関する相談に応じ、助言や指導を行う
 専門家がキャリアコンサルタントです。

・資格の種類:国家資格

「人生100年時代」を迎え、先行きが見えないこれからの時代。自分らしい生き方、働き方への変革が求められる中、仕事や人生に対して不安や葛藤を抱える人が増えています。そんな時代に求められる資格が「国家資格キャリアコンサルタント」です。

キャリアコンサルタントになるには〔受験資格〕

次の①~④のいずれかの条件を満たす者
①厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
②労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し
 3年以上の経験を有する者
③「キャリアコンサルティング技能検定」の学科試験は又は実技試験に合格した者
④、①~③と同等以上の能力を有する者

キャリアコンサルタント試験の試験内容(科目)

〔学科試験〕四肢択一、マークシート方式、50問、100分。
合格基準は100点満点中70点以上。試験科目は以下の通り

①職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目
②キャリアコンサルティングの理論に関する科目
③キャリアコンサルティングの実務に関する科目
④キャリアコンサルティングの社会的意義に関する科目
⑤キャリアコンサルタントの倫理と行動に関する科目

〔実技論述試験〕記述式、1~2問、50分。
逐語記録を読み、設問に解答

〔実技面接試験〕
①ロールプレイ(15分)
②口頭試問(5分)

合格基準は論述試験と面接試験合わせ150点満点中90点以上。
ただし論述試験の満点の40%以上、かつ面接試験の評価区分の中で「主訴・問題の把握」
「具体的展開」「傾聴」(評価区分は日本キャリア開発協会の場合)のいずれにおいても
満点の40%以上の得点が必要。

キャリアコンサルタントを目指す具体策

◆高校生の方は
キャリアカウンセラーを目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 キャリアカウンセラー

◆大学生・社会人の方は
今なら、キャリアコンサルタント試験の合格に向けたポイントが掲載された資料が
無料でもらえます。最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。 キャリアコンサルタント試験

『キャリアコンサルタント試験』関連書籍はコチラ

キャリアコンサルタント試験のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

厚生労働省 職業能力開発局 キャリア形成支援課
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 ☎03-5253-1111

その他 経営・労務・事務系に関連する職業・資格

 

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました