トレース技能検定

トレース技能検定 民間資格

トレーサーの仕事内容

・設計図やデザイン画を、正確に美しく、分かりやすく清書するのがトレーサーの仕事です。
 繊細な感覚と粘り強い根気から、芸術的とさえいえるような作品が誕生します。

・資格の種類:民間資格

トレーサーになるには〔受験資格〕

制限なく誰でも受験できる。

トレース技能検定の試験内容(科目)

1級から4級まであり、実技と理論の試験が行われる。知識・技能の程度により4つの級位に
分かれており、実技(2時間30分)と理論(30分)の試験が行われる。

各級の程度は以下の通り

【4級】
簡単な図及び工業に関連する図面をトレースすることができ、
図面作成上必要な初歩的知識を持っている
実技:①線の基本、②製図用文字、③簡単な図、④簡単な図面
理論:①トレース用具に関する常識的事項、②図面表現に関する初歩的事項

【3級】
やや複雑な図及び工業用図面を正しく美しくトレースすることができ、図面表現上必要なJIS(Z8310~Z8318)の基本的事項を理解できる
実技:①製図用文字、②やや複雑な図、③工業に関連するやや複雑な図面
理論:①トレース用具の整備調整を含む一般的事項、等

【2級】
かなり複雑な図面及び工業用図面を正しく美しくかなり速くトレースすることができ、
JIS(Z8310~Z8318)全般に関する基本的知識およびトレース技能が適用する専門分野について、図面作成上必要な基本的知識を持っている
実技:①図面用文字、②技法上熟練を要するかなり複雑な図、等
理論:①図面用文字に関する事項、②専門分野に関する基礎的事項、等

【1級】
複雑な図面及び工業用図面を正しく美しく早くトレースすることができ、さらにJIS(Z8310~Z8318)及びトレース技能の適応する各専門分野に関連した知識と印刷用図面として使用できる程度の高度な実技能力を持ち、該当専門分野の技術指導ができる
実技:①図面用文字、②技法上熟練を要する複雑な図、③技法上熟練を要する複雑な工業用図面等
理論:①トレース用具などに関する専門的事項、②用器画法に関する事項、
③日本工業規格の応用的事項、等

※【4・3級】【3・2級】【2・1級】のダブル受験が可能

トレーサーを目指す具体策

◆高校生の方は
トレーサーを目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 トレーサー

◆大学生・社会人・一般の方で独学で資格取得を目指す方へ
『トレース技能検定』関連書籍はコチラ

 

トレース技能検定のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

一般社団法人 中央工学校生涯学習センター トレース技能検定部
〒114-0015 東京都北区中里1-15-7 ☎03-5814-1465

その他 経営・労務・事務系に関連する職業・資格

 

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました