コミュニケーション検定

コミュニケーション検定 民間資格

コミュニケーション検定の概要(概略)

・コミュニケーション力は組織や人間の成長を決定する重要な要素であり、ビジネス能力の根幹
 となるスキルでです。この検定はコミュニケーション力評価のための試験で、コミュニケー
 ションに関する「基本的な考え方の理解度」と「実践力」を測定します。

・資格の種類:民間資格

コミュニケーション検定の受験資格

制限なく誰でも受験できる。

コミュニケーション検定の試験内容(科目)

コミュニケーションに関する「基本的な考え方の理解度」と、その応用として、
状況に応じて的確な対応するための「実践力」を測定する。

【初級】多肢選択式(マークシート形式)、30問、50分
周囲の人々と[話す]こと、[聞く]ことによって円滑なコミュニケーションをとることができる。
また、就職面接やアルバイト先などの社会活動の場面において、自己の考えを第三者に対して正しくて伝達することができる。

〔知識〕
①コミュニケーション・セオリー(理論)
コミュニケーションを考える、目的に即して聞く、傾聴する、目的を意識する、話を組み立てる、言葉を選び抜く、表現・伝達する
②コミュニケーション・プラクティス(実践)
基礎:来客対応、電話対応、アポイントメント・訪問・挨拶 他
応用:接客・営業、クレーム対応、会議・取材・ヒアリング、面接 他

【上級】多肢選択式(マークシート形式)、40問、60分と面接試験(2題、約3分)
場面に応じて言語・非言語を使い分けたコミュニケーションを展開することができる。また、職場や公共の場などの社会活動の場面において、自己の考えや主張を整理し、第三者として効果的に達することができる。
〔知識〕【初級】の内容+プレゼンテーション
〔面接〕
①自己紹介:制限時間(30秒)内に初対面の人に対して自分を効果的にアピールする。
②状況対応:与えられたテーマ(質問)について、制限時間(60秒)を有効に活用し、
回答及び自分の意見・経験などを相手に分かりやすく伝達する。
※事前にサーティファイホームページに搭載されている3つの質問例から、
1つを受験者ごとに出題。

コミュニケーション検定の学習方法

◆高校生の方は
コミュニケーション検定の資格取得を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる
   コミュニケーション検定

◆大学生・社会人・一般の方で独学で資格取得を目指す方へ
 ☛ 『コミュニケーション検定』関連書籍はコチラ

コミュニケーション検定のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

(株)サーティファイ 認定試験事務局
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル ☎0120-031-749

その他 経営・労務・事務系に関連する職業・資格

 

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました