裁判所職員一般職

国家資格

裁判所職員(一般職)の仕事内容

・一般職は、裁判所事務官として、書記官のもとで各種裁判事務処理などの定型的な業務に
 従事します。

・資格の種類:国家資格

裁判所職員(一般職)になるには〔受験資格〕

・試験は大卒程度区分高卒者区分に分かれます。

試験実施4月1日現在、次のいずれかに該当する者
【大卒程度区分】
①21歳以上30歳未満の者
②21歳未満で、大学を卒業した者及び3月までに卒業見込みの者、
 ならびに最高裁がこれらと同等の資格があると認める者
③21歳未満で、短大または高等専門学校を卒業した者及び3月までに卒業見込みの者、
 ならびに最高裁がこれらと同等の資格あると認められる者

【高卒者区分】
①高校または中等教育学校を卒業した日の翌日から起算した2年を経過していない者、
 及び3月までに卒業見込みの者
②最高裁から①に準ずると認める者(中学校卒業後2年以上5年未満の者も含む)

裁判所職員(一般職)の試験内容(科目)

【大卒程度程度】
〔1次〕
①基礎能力試験(多肢選択式):40題、3時間
②専門試験(多肢選択式)30題:1時間30分
〔2次〕
①論文試験(小論文):1題、1時間
②専門試験(記述式):1題、1時間
③人物試験(個別面接)

【高卒者区分】
〔1次〕
①基礎能力試験(多肢選択式)45題、1時間40分
②作文試験:1題、50分
〔2次〕
人物試験(個別面接)

※採用後、裁判所書記官養成課程入所試験に合格すると、裁判所書記官になることもできる。

裁判所職員(一般職)を目指す具体策

◆高校生の方は
裁判所職員(一般職)を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる
  裁判所職員関連の詳細ページへ

◆大学生・社会人の方は
今なら、裁判所職員(一般職)の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけでイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。  公務員一覧

『裁判所職員一般職』関連書籍はコチラ

裁判所職員(一般職)のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

最高裁判所 事務総局人事局 総務課職員採用試験係
〒102-8651 東京都千代田区隼町4‐2 ☎03-3264-5758

その他 法律系に関連する職業・資格

 

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました