弁理士

国家資格

弁理士の仕事内容

・商品に関する特許、実用新案、意匠、商標を特許庁に出願する手続き代行が主な仕事で、
 特許、実用新案、意匠、商標登録といった発案者の権利を守る専門家です。

・また一刻を争う国際出願の業務にも携わるので、語学力はもとより、幅広い分野での
 豊富な知識も要求され、知的財産システムの中心的役割の担い手です。

・資格の種類:国家資格

弁理士になるには〔受験資格〕

制限なく誰でも受験できる

弁理士の試験内容(科目)

【短答式筆記試験】
①工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令
②工業所有権に関する条約
③著作権法
④不正競争防止法

【論文式筆記試験】短答式筆記試験合格者のみ
〔必須科目〕工業所有権に関する法令3科目(特許法・実用新案法、意匠法、商標法)

〔選択科目〕受験願書提出時に下記の6項目から1科目を選択し、
      その科目の中から1題を選択問題として解答する
①理工Ⅰ(機械・応用力学):材料学力、流体力学、熱力学、土質工学
②理工Ⅱ(数学・物理):基礎物理学、電磁気学、回路理論
③理工Ⅲ(化学):物理化学、有機化学、無機化学
④理工Ⅳ(生物):生物学一般、生物化学
⑤理工Ⅴ(情報):情報理論、計算機工学
⑥法律(弁理士の業務に関する法律):民法

【口述試験】論文式筆記試験合格者のみ
工業所有権に関する法令(特許法・実用新案法、意匠法、商標法)についての口頭試問

※選択科目免除対象者
ⓐ科目に関する分野の研究により修士・博士・専門職の学位を有する者
ⓑ技術士
ⓒ一級建築士
ⓓ第一種、第二種電気主任技術者
ⓔ情報処理技術者試験合格者
ⓕ電気通信主任技術者
ⓖ薬剤師
ⓗ司法試験合格者
ⓘ司法書士
Ⓙ行政書士、等

弁理士を目指す具体策

◆高校生の方は
弁理士を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる  弁理士の詳細ページへ

◆大学生・社会人の方は
今なら、弁理士の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけでイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。  弁理士

『弁理士』関連書籍はコチラ

弁理士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

特許庁 総務部秘書課 弁理士室試験第一班
〒100-8915 東京都千代田区霞が関3-4-3 ☎03-3581-1101

その他 法律系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました