行政書士

国家資格

行政書士の仕事内容

・法人設立の手続きや外国人の永住許可申請など、官公署に提出する書類の作成を行うのが
 行政書士です。国民生活に密着した行政業務だけに、その種類は実に多様で法律の専門家
 として活躍する場は多いです。

・資格の種類:国家資格

行政書士になるには〔受験資格〕

制限なし。

行政書士の試験内容(科目)

〔行政書士の業務に関して必要な法令等〕択一式・記述式、出題数46問。
①憲法、②行政法、③民法、④商法、⑤基礎法学

〔行政書士の業務に関連する一般知識等〕択一式、出題数14問。
①政治・経済・社会、②情報通信・個人情報保護、③文章理解

行政書士を目指す具体策

◆高校生の方は
行政書士を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる  行政書士の詳細ページへ

◆大学生・社会人の方は
今なら、行政書士の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけでイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。  行政書士

『行政書士』関連書籍はコチラ

DVD・ソフトで独学!

行政書士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

一般財団法人 行政書士試験研究センター
〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 全国町村議員会館3階 ☎03-3263-7700

その他 法律系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました