調理師

調理師 国家資格

調理師の仕事内容

・飲食店に限らずホテル、旅館、病院、飛行機等、活躍の場は大変広いです。

・調理業務に従事した後、調理師試験を受けて取得する方法の他に、指定の調理師養成学校
 を卒業して取得できる方法があります。

・資格の種類:国家資格

調理師になるには〔受験資格〕

下記の学歴と職歴の条件を満たしている者

〔学歴〕
①中学校卒業以上の者
②各種学校として認可されている外国人学校等修了者で、
 上記①と同等以上の学力を有すると厚生労働大臣が認定した者

〔職歴〕
上記の学歴修了後、次の施設又は営業施設で2年以上、調理業務に従事した経験のある者
㋐飲食店営業(旅館、簡易宿泊所を含む)
㋑魚介類販売業(店舗で魚介類を販売する営業をいい、魚介類を生きたまま販売する営業、
 魚介類せり売り営業は除く)
㋒惣菜製造業(煮物、焼き物、揚物、蒸し物、酢の物等を製造する営業)
㋓学校、病院、寮などの給食施設(継続して1回20食以上、または1日50食以上調達し、
 提供している施設)

※試験に合格後、調理師免許の申請をし、免許証の交付を受ける

調理師の試験内容(科目)

・書類審査後、筆記試験による次の6科目(マークシートによる四肢択一式)

①食文化概論
②公衆衛生学
③栄養学
④食品学
⑤食品衛生学
⑥調理理論

調理師を目指す具体策

◆高校生の方は
調理師を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 調理師

◆大学生・社会人の方は
今なら、調理師の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている職業・資格が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。   調理師

『調理師』関連書籍はコチラ

調理師のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

各都道府県調理師試験担当課

その他 料理系に関連する職業・資格

管理栄養士 ②調理師 ③栄養士 ④食生活アドバイザー ⑤食品衛生責任者
フードコーディネーター資格認定試験 ⑦ソムリエ ⑧野菜ソムリエ
製菓衛生師 ⑩ふぐ調理士 ⑪食品冷凍技士 ⑫給食サービス管理士
⑬弁当サービス管理士 ⑭缶詰主任技術者 ⑮唎酒師 ⑯ワインエキスパート
転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました