TQE(翻訳実務検定)

TQE(翻訳実務検定) 民間資格

TQE(翻訳実務検定)の概要(概略)

・さまざまな分野の専門的な翻訳家育成を目的としています。科学技術、経済、医学、文学等の
 海外から流れ込む情報の波にもまれる国際ビジネスでは、翻訳の品質で業績が左右されると
 いわれます。さまざまな分野で限定された期間内に高品質の翻訳を行うことができ、
 専門的知識をもつ人材の発掘と供給を目的とした検定です。

・資格の種類:民間資格

TQE(翻訳実務検定)の受験資格

制限なく誰でも受験できる。

TQE(翻訳実務検定)の試験内容(科目)

〔英語〕次の科目から選択
①電気、②機械、③ IT、④医学・薬学、⑤医療機器、⑥化学 ⑦原子力、⑧金融・経済、⑨法務・契約書、⑩特許明細書(電気) 、⑪特許明細書(機械)、⑫特許明細書(IT)ほか
※ ①、②、⑤、⑥、⑦は出題されない回もある

〔ドイツ語、フランス語、ロシア語、スペイン語、中国語、韓国語〕ビジネス全般

TQE(翻訳実務検定)の学習方法

『TQE(翻訳実務検定)』関連書籍はコチラ

TQE(翻訳実務検定)のお問合せ先

★試験要綱(要領)は変更される場合があります。
最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、合格発表日等々)は
主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

サン・フレア アカデミーTQE事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-7 新宿ヒロセビル2F ☎03-6675-3965

その他 語学/国際業務系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました