JTF(ほんやく検定)

JTF(ほんやく検定) 民間資格

JTF(ほんやく検定)の概要(概略)

・グローバリゼーションが急速に進み、翻訳の需要はますます高まっています。在宅・派遣
 翻訳者、そして企業内翻訳者には、世界に通用する「商品価値の高い翻訳力」とともに
 データでの実作業も求められ、産業翻訳のプロとして活躍するための登竜門といわれる
 検定試験です。

・資格の種類:民間資格

JTF(ほんやく検定)の受験資格

制限なく誰でも受験できる。

JTF(ほんやく検定)の試験内容(科目)

〔基礎レベル〕
【5級】と【4級】があり、基礎語学力と翻訳のセンスを判定する

【5級】英日翻訳(3問)
①英文読解力(文章構造の完全な把握)
②日本語表現力(正しい日本語の記述)

【4級】日英翻訳(1問)、英日翻訳(2問)
①原文読解力(文脈及び背景情報の理解)
②英語及び日本語の表現力(母国語水準に近い自然な英語表現及び、こなれた日本語表現)

〔実用レベル〕
英日翻訳と日英翻訳の2科目があるが、ジャンルは以下の6分野から1分野を選択。
翻訳の完成度に応じて【3級】【2級】【1級】、または不合格を判定する

出題分野:
①政経・社会②科学技術③金融・証券④医学・薬学⑤情報処理⑥特許

求められる【3級】~【1級】の評価基準は以下の通り
【3級】実務で一応通用する翻訳力がある
【2級】実務では十分に通用する翻訳力がある
【1級】専門家の翻訳であると認定する

JTF(ほんやく検定)の学習方法

◆高校生の方は
JTF(ほんやく)検定を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる
 JTF【ほんやく検定】

『JTF(ほんやく検定)』関連書籍はコチラ

オフィシャル教材『JTF <ほんやく検定> 過去問題・解説集』

JTF(ほんやく検定)のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

一般社団法人 日本翻訳連盟 事務局
〒104-0031 東京都中央区京橋3-9-2 宝国ビル7階 ☎03-6228-6605

その他 語学/国際業務系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました