米国公認会計士(USCPA)

米国公認会計士(USCPA) 公的資格

米国公認会計士(USCPA)の仕事内容

・国際会計基準(IFRS)の導入や日本国内受験のスタートで、ますます注目されるのが
 米国公認会計士(USCPA)です。アメリカの会計基準に基づいて、会計、監査、
 コンサルティングなどを行います。国内はもとより外国での就職・転職に有利な資格です。

・資格の種類:公的資格

米国公認会計士(USCPA)になるには〔受験資格〕

原則として4年制大学卒業者・卒業見込み者で、会計・ビジネス関連の単位を取得している者。
日本大の大学でも可能です。

米国公認会計士(USCPA)の試験内容(科目)

・試験科目は以下の4科目で、コンピューター試験(CBT:Computer-Based Testing)で実施。
 出題形式は、択一式選択問題、シュミレーション問題、記述式問題に分かれ、科目による
 出題形式の比率は異なる。
・2017年より新試験制度(CBT3)が導入され、より高度な分析・評価スキルが問われる

〈Auditing & Attestation(AUD)〉
監督及び証明業務(4時間):監査・証明業務など、職業倫理

〈Financial Accounting & Reporting(FAR)〉
財務会計(4時間):企業会計、政府会計、非営利組織会計

〈Regulatiоn(REG)〉
諸法規(4時間):連邦税法・税務業務、ビジネス法と職業倫理

〈Business Environment & Concepts(BEC)〉
企業経営環境・経営概念(4時間):コーポレートガバナンス、経済学、ファイナンス、情報技術、戦略立案・オペレーションマネジメント
※合格基準:各科目共75点。科目合格制度があり、1科目受験が可能

[USCPA試験までの流れ]
①単位取得状況の確認
②出願州の選択
③学歴評価
④単位取得と成績証明書発行
⑤願書の送付
⑥受験票受領
⑦プロメトリック・テストセンターの予約
⑧受験

米国公認会計士(USCPA)を目指す具体策

◆高校生の方は
米国公認会計士(USCPA)を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 米国公認会計士【CPA】

◆大学生・社会人の方は

今なら、米国公認会計士(USCPA)の合格に向けたポイントが掲載された資料が
無料でもらえます。最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている職業・資格が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。   USCPA(米国公認会計士)

『米国公認会計士(USCPA)』関連書籍はコチラ

米国公認会計士(USCPA)のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

アメリカ各州の会計士委員会、または日本の受験スクールの場合:(株)アビタス
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー15階
☎03-3299-3330

その他 語学/国際業務系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました