「ハングル」能力検定

「ハングル」能力検定 民間資格

「ハングル」能力検定の概要(概略)

・日本語と似ている韓国語は、他の言語に比べて覚えやすく、アジアへの関心が高まる中、
 韓国・朝鮮語の学習者は年々増え続けている能力検定試験です。

・資格の種類:民間資格

「ハングル」能力検定の受験資格

制限なく誰でも受験できる。

「ハングル」能力検定の試験内容(科目)

検定基準
【5級】ハングルを習い始めた初歩の段階。母音と子音を正確に区別でき、約480語の単語や限られた文型を用いて作られた文を読んだり聞いたりできる他

【4級】基礎的な韓国・朝鮮語を読み、話し、聞きことができる。使用頻度の高い約1,070語の単語を文型を用いて作られた文を読んだり聞いたりできる。決まり文句を用いて挨拶でき、事実を伝え合える他

【3級】平易な韓国・朝鮮語を聞き、話し、読み、書くことができる。身近な話題だけではなく、親しみのある社会的出来事も話題にできる。比較的長い文章を読んだり聞いたりして、大意をつかめる他

【準2級】中級後半。頻繁に用いられる単語や文型はマスターし、出題範囲内の単語や文型を正書法に測って正しく書き表すことができる他

【2級】上級。社会的常識の範囲内にある話題については基本的に理解できる。公式・非公式な場面の区別に即して適切な表現の選択が可能。連語・慣用句に加え、ことわざや頻度の高い四字熟語を理解し、使用できる他

【1級】超上級。職業上の業務遂行に関連する話題、要約や推論、論証や議論など高度なレベルが要求される情報処理をハングルを使ってできる他

試験内容
〔1次試験〕筆記、聞き取り(書き取り)
〔2次試験〕面接(1級の1次合格者のみ)

「ハングル」能力検定の学習方法

◆高校生の方は
「ハングル」能力検定試験を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる
 「ハングル」能力検定試験

『「ハングル」能力検定』関連書籍はコチラ

「ハングル」能力検定のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

特定非営利活動法人 ハングル能力検定協会 事務局
〒136-0071 東京都江東区亀戸2‐36‐12 8階 ☎03-5858-9101

その他 語学/国際業務系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました