医療秘書技能検定

医療秘書技能検定 民間資格

医療秘書の仕事内容

・医療機関などで保険診療の明細書を作成したり、病院の窓口会計などを主な業務とするのが
 医療秘書です。

・この検定は、医療秘書教育全国協議会が実施している試験で、合格者は医学・医療の基礎知識
 と医療現場の専門的な事務を処理する能力を持つと認められます。

・資格の種類:民間資格

医療秘書になるには〔受験資格〕

誰でも受験できる。

医療秘書技能検定の試験内容(科目)

3・2・準1・1級とも医療秘書としての資質、職務知識などが問われる。
以下の3領域から出題されるが、内容と要求されるない程度は次の通り

領域Ⅰ:医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規
領域Ⅱ:医学的基礎知識、医療関連知識
領域Ⅲ:医療事務(年度版指定の点数表を必ず持参する。ノート・参考書の持ち込みは自由)

【3級】
それぞれの領域について、基礎的知識と技能を持ち、一般的な業務を遂行することができる
【2級】
それぞれの領域について、一般的な知識と技能を持ち、やや複雑な業務を遂行することができる
【準1級】
それぞれの領域について専門的な知識と技能を持ち、やや複雑多岐な業務を遂行することができる
【1級】
それぞれの領域について高度な知識と技能を持ち、複雑多岐な業務を専門的に遂行することが
できる

※合格基準:領域Ⅰ・Ⅱ・Ⅲに各100点ずつ配点されている。
 全体で300点中正解の合計が180点以上あり、各領域の正解が60%以上の時合格となる。

医療秘書を目指す具体策

◆高校生の方は
医療秘書技能検定を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 医療秘書技能検定試験

『医療秘書技能検定』関連書籍はコチラ

医療秘書技能検定のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

一般財団法人 医療秘書教育全国協議会
〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6‐7‐5 滋慶ビル2F ☎03-5675-7077

その他 医療系に関連する職業・資格

 

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました