言語聴覚士

言語聴覚士 国家資格

言語聴覚士の仕事内容

・難聴、失語症、発声障害、吃音、言語発達遅滞といった聴覚、音声、言語の機能に障害のある
 人たちの聴覚機能の維持向上や言語訓練、そのために必要な検査、助言、指導を行います。
 活躍の場は、病院・診療所、社会福祉施設、保健所など。

・資格の種類:国家資格

言語聴覚士になるには〔受験資格〕

次のいずれかに該当すれば受験できる

①大学に入学する事が出来る者、又はそれに準ずる者で規定の機関で
 3年以上言語聴覚士として必要な知識・技能を修得した者
②大学、高専、文教研修施設もしくは養成所で2年(高専5年)以上修業し、
 規定機関で1年以上言語聴覚士として必要な知識・技能の取得者他

言語聴覚士の試験内容(科目)

①基礎医学
②臨床医学
③臨床歯科医学
④音声・言語・聴覚医学
⑤心理学
⑥音声・言語学
⑦社会福祉・教育
⑧言語聴覚障害者学総論
⑨失語・高次脳機能障害学
⑩言語発達障害学
⑪発声発語・嚥下障害学
⑫聴覚障害学

言語聴覚士を目指す具体策

◆高校生の方は
言語聴覚士を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 言語聴覚士

『言語聴覚士』関連書籍はコチラ

言語聴覚士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

公益財団法人 医療研修推進財団
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-22-14 ミツヤ虎ノ門ビル4階 ☎03-3501-6515

その他 医療系に関連する職業・資格

 

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました