ボイラー整備士

ボイラー整備士 国家資格

ボイラー整備士の仕事内容

・ボイラー動かす人がボイラー技士で、ボイラーの掃除をする人がボイラー整備士です。
 ただ磨くだけでなく、ボイラーを止めて水を出し、本体と付属装置が安全に作動するように
 整備をします。

・一定の大きさを超えるボイラー又は第1種圧力容器の整備業務に必要な資格です。

・資格の種類:国家資格

ボイラー整備士になるには〔受験資格〕

・制限なく誰も受験できる(ただし、本人確認証明書の添付が必要)。合格後に免許の申請を
 行う際、免許交付要件として、以下であることを証明する書類の添付が必要。

①ボイラー(小規模ボイラー及び小型ボイラーを除く)または第1種圧力容器
 (小規模第1種圧力容器及び小型圧力容器を除く)の整備の補助業務に6ヶ月以上従事した
②小規模ボイラーまたは小規模第1種圧力容器の整備業務に6ヶ月以上従事した
③普通課程の普通職業訓練(設備管理・運転系のボイラー運転科)または短期課程の普通職業訓練
 (ボイラー運転科)を修了した 他

ボイラー整備士の試験内容(科目)

①ボイラー及び第1種圧力容器に関する知識
②ボイラー及び第1種圧力容器の整備の作業に関する知識
③ボイラー及び第1種圧力容器の整備の作業に使用する器材、薬品などに関する知識
④関係法令

※試験科目の一部免除:ボイラー技士(特級、1級、2級)の免許を受けた者
 及び受験資格の③等の該当者は、試験内容の①の免除を受けられる

ボイラー整備士の学習方法

『ボイラー整備士』関連書籍はコチラ

ボイラー整備士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田区ファーストビル東館9階
☎03-5275-1088

その他  保安技術/技能士系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました