ボイラー技士

ボイラー技士 国家資格

ボイラー技士の仕事内容

・ビル、病院、工場などで、ボイラー設置は当然のことで、ボイラー技士の免許を受けた者
 でなければ、ボイラーを取扱う業務に就くことはできません。

・ボイラー取扱作業主任者は、伝熱面積の合計範囲によって2級、1級、特級の3種類。

・資格の種類:国家資格

ボイラー技士になるには〔受験資格〕

【2級】誰でも受験できる(ただし本人確認証明書の添付が必要)
合格後に免許の申請を行う際、免許交付要件として、以下であることを証明する書類の添加が必要
(満18歳に満たない者には免許証は交付されないので、18歳になってから申請を行う)
①大学、高専、高校または中等教育学校のボイラーに関する学科を修めた卒業者で、
ボイラーの取り扱いについて3ヶ月以上実地修習を経た者
②ボイラーの取り扱いについて6月以上実地修習を経た者
③ボイラー実技講習を修了した者 他

【1級】
①2級免許を受けた者
②大学、高専、高校又は中等教育学校でボイラーに関する学科を修めた卒業者で、
1年以上の実地修習を経た者
③海技士(機関3・2・1級)免許を受けた者 他

【特級】
①1級免許を受けた者
②大学、高専でボイラーに関する講座または学科を修めた卒業者で、2年以上の実地修習を経た者
③海技士(機関2・1級)免許を受けた者 他
※合格後に免許の申請を行う際、上記【1級】【特級】①の該当者は「ボイラー取扱い実務経験従事証明書」の添付が必要。

ボイラー技士の試験内容(科目)

各級とも科目は共通だが、範囲及び内容はそれぞれ異なる。

学科試験(4時間)
①ボイラーの構造に関する知識
②ボイラーの取扱いに関する知識
③燃料と燃焼に関する知識
④関係法令

ボイラー技士を目指す具体策

◆高校生の方は
ボイラー技士を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみよう
 ボイラー技士

◆大学生・社会人の方は
今なら、ボイラー技士の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている職業・資格が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。   ボイラー技士

『ボイラー技士』関連書籍はコチラ

PCソフトで学ぶ!

ボイラー技士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田区ファーストビル東館9階 
☎03-5275-1088

その他  保安技術/技能士系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました