IT・パソコン系資格

IT・パソコン系資格一覧

ITパスポート

ITパスポート(iパス)
ITパスポート(iパス)は、IT化された社会で、すべての社会人が備えておくべきITの基礎的知識を証明できる国家試験。

情報技術活用に必要な基礎知識

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS)
マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS) は、Microsoft Office製品の利用スキルを証明する世界共通の資格試験。

オフィス製品の利用スキルを証明

基本情報技術者

基本情報技術者試験(FE)
基本情報技術者は、情報技術全般に関する基本的な知識・技能を持つ人、つまり、情報システム開発プロジェクトでプログラム設計書を作成し、プログラム開発を行い、単体テストまでの一連のプロセスを担当する人のための試験である。

最もベーシックな情報処理の資格

応用情報技術者

応用情報技術者試験(AP)
応用情報技術者は、高度IT人材に必要な応用的知識・技能を持ち、方向性を確立した人を対象とした試験。

高度IT人材として企業戦略を立案

ITストラテジスト

ITストラテジスト(ST)
ITストラテジストは、高度IT人材として確立した専門分野を持ち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動の特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する人のための試験である。

業務改革推進などの部門で活躍

情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメント
組織の情報セキュリティ確保に貢献し、多種多様な脅威から情報を守るための基本的なスキルを認定する試験。

多種多様な脅威から情報を守るスキル

システム監査技術者

システム監査技術者(AU)
システム監査技術者は、高度IT人材として確立した専門分野を持ち、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守においてセキュリティ機能の実現を支援、または情報システム基盤を整備して、専門家として情報セキュリティ管理を支援する人の試験。

情報システムを総合的に評価

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリスト(NW)
ネットワークスペシャリストは、ネットワークに関係する固有技術を活用して、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守で中心的な役割を果たし、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守の技術支援を行う人の試験である。

情報通信ネットワークの設計・運用

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー試験(PM)
プロジェクトマネージャーは、システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画を立案し、必要となる要因や資源を確保して、計画した予算、納期、品質の達成について責任を持ってプロジェクトを管理・運営する人のための試験である。

開発プロジェクトの責任者

システムアーキテクト

システムアーキテクト(SA)
システムアーキテクトは、ITストラテジストからの提案を受けて、情報システム、または組込みシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計して、情報システムについては開発を主導する人のための試験である。

業務の要件分析から設計などを担当

データベーススペシャリスト

データベーススペシャリスト試験(DB)
基幹業務の効率化と情報活用の高度化の場面において、データベースは重要な役割を持つ。この試験では、情報システム全体のデータ資源を管理する上で、高品質なデータベースを構築・維持するための幅広い知識・経験値・実践力を有するか判定する。

データベースの固有技術を生かす

ITサービスマネージャー

ITサービスマネージャー(SM)
ITサービスマネージャーは、情報システム全体について、安定稼働を確保し、障害発生時においては被害の最小化を図るとともに、継続的な改善、品質管理など、安全性と信頼性の高いサービスの提供を行う人のための試験である。

品質とコスト効率の向上を目指す

エンベデッドシステムスペシャリスト

Linux技術者認定試験

 Linux技術者認定試験(LPIC)
世界中の技術者が開発協力し進化を続けるオープンソースのOSがLinux。このLinuxを扱う技術者のレベル(3段階)を測る試験で、世界共通基準で作成。

世界に通じるエンジニアの資格

オラクルマスター

オラクルマスター
オラクルマスターとは日本オラクルがオラクルデータベースに関する技術者を認定する制度。そのレベルは世界で認められ、エンジニアの実力を証明するために欠かせない資格である。

オラクルデータベースの高いスキルを証明

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験
プログラミング言語としてJavaを学習している人を対象に行われている、プログラミング能力を認定する試験である。

応用プログラム作成能力が必要

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験
機種依存性が少なく互換性が高いプログラミング言語であるC言語のプログラミング能力認定試験。C言語を駆使して応用プログラムが作成できる人材の育成を目指して生まれた試験です。

C言語の実践的試験

情報検定

情報検定(J検)
情報教育の3大要素「創る」「使う」「伝える」の評価領域を体系的に整備し、「情報」を扱う人材に必要とされるICT能力を客観的な基準で評価する。

コンピュータ活用のための検定

ディジタル技術検定

ディジタル技術検定
コンピュータの情報処理や制御の根幹をなすのがディジタル技術。

ディジタルの包括的知識を試す

Word文書処理技能認定試験

Word 文書処理技能認定試験
「Microsoft Word」の実務スキルを認定する試験。即戦力となるスキルと実践力を証明する資格。

Wordの実務スキルを認定する試験

Excel表計算処理技能認定試験

Excel表計算処理技能認定試験
「Microsoft Excel」の実務スキルを認定する試験。職場で用いられるExcelの実践力を証明する。

Excelを用いた表計算処理技能とビジネス実務への展開能力を認定

インターネット検定ドットコムマスター

インターネット検定ドットコムマスター
インターネットのマナーやモラル、トラブルへの対処など、基本的な知識を測る「ドットコムマスターベーシック」と、企業や組織で活用できる実践的なICT知識を測る「ドットコムマスターアドバンス」の2種類にわかれている。

ICT知識の理解度を測る

ITコーディネータ(ITC)

ITコーディネータ(ITC)
経営とITをつなぎ、経営者とともに、経営に役立つITの利活用を推進・支援する専門家になるための試験。ITに関する知識とともに経営の知識や人々とのコミュニケーション能力も必要な資格である。

経営者の立ち場にたって経営とITの橋渡し

Accessビジネスデータべース技能認定試験

Accessビジネスデータベース技能認定試験
Microsoft Accessは顧客管理や商品管理等のデータベースの構築・開発・運用・管理を統合的に行うソフト。これを使ったデータベースシステム構築技術と、データベースに関する実務能力を認定する。

データベースシステム構築技術と実務能力を認定する

マイクロソフト認定トレーナー

CAD実務キャリア認定試験

 CAD実務キャリア認定制度
CAD操作の習得度合いとこれに関するスキルを認定する。CADとは、コンピュータを使って設計の調整をしたり、デザインしたりすること。このCADを利用する技術者が、あらゆるビジネスシーンで求められている。CADの初心者から熟練者まで、自分の技量を客観的に認定してもらうのに格好の試験である。

CADの技量認定に格好の試験

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験
CAD(Computer Aided Design)が建築、プリント基板設計に導入されて以来、CAD利用技術者への需要は高い。パーソナルCADシステム利用技術の普及と高度化を目的とする技術者試験。CAD利用技術者試験は、国内有数のIT関連試験として広く認知されている。

CAD技術のスキルアップを目指す人のための試験

CADトレース技能審査

CADトレース技能審査
トレース従事者の技能の向上、社会的・経済的地位の向上を目指した資格である。

CADトレース能力を評価する

DTPエキスパート

DTPエキスパート
DTPで印刷物を作るために必要な知識全般を習得し、適切なディレクション能力を持つことを認証する資格。

印刷メディア設計のスーパーバイザー

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験
Webページを作成する技術を認定するWebクリエイター能力認定試験。

Webページを作成する技術を認定する

検索技術者検定

検索技術者検定
データベースが増え続け、情報が氾濫している現代社会において、必要な情報を瞬時に引き出す専門家であるサーチャーの価値が高まっている。情報検索とその結果の評価、加工に関する知識・技能、企画力とコンサルティング能力を客観的に認定する試験。

信頼性の高い情報を入手・活用できる専門家

パソコンインストラクター資格認定試験

パソコンインストラクター資格認定試験
パソコン指導者の知識・技術の評価試験。優れた指導者の活躍の場は広範囲だ。

パソコン指導者の知識・技術の評価試験

P検-ICTプロフィシエンシー検定試験

P検-ICTプロフィシェンシー検定試験
パソコン全般の知識や情報活用能力を客観的に判断できる総合的な資格試験。

進化するICT社会のバスポート

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士(SC)
セキュアな情報システムの提供に寄与する資格。情報セキュリティ技術のスペシャリストとして、ほかの専門家と協力しながら情報セキュリティ技術を適用し、セキュアな情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守するための幅広い知識・経験、実践能力を有するか判定する試験。

情報セキュリティ技術の専門家

タイトルとURLをコピーしました