システムアーキテクト(SA)

システムアーキテクト(SA) 国家資格

システムアーキテクト(SA)の概要(概略)

・システムアーキテクトは、ITストラテジストからの提案を受けて、情報システム、または組込み
 システムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計して、
 情報システムについては開発を主導する人のための試験です。

・資格の種類:国家資格

システムアーキテクト(SA)の受験資格

制限なく誰でも受験できる。

システムアーキテクト(SA)の試験内容(科目)

[午前の試験]
①コンピュータ構成要素
②システム構成要素
③データベース
④ネットワーク
⑤セキュリティ
⑥システム開発技術
⑦ソフトウェア開発管理技術
⑧システム戦略
⑨システム企画、など
及び、高度試験共通知識問題(過去2年以内に応用情報技術者試験に合格した者等は免除される)

[午後の試験]
【情報システム】
①契約・合意に関すること、②企画に関すること、③要件定義に関すること
④開発に関すること、⑤運用・保守に関すること、⑥関連知識

【組込みシステム】
①機能要件の分析・機能仕様の決定に関すること
②機能仕様を満足させるハードウェアとソフトウェアの要求仕様の決定に関すること
③組込みシステムに応じた開発手法の決定④汎用的モジュールの利用に関すること

システムアーキテクト(SA)の学習方法

◆高校生の方は
システムアーキテクト を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみよう!
 システムアーキテクト試験<国>

『システムアーキテクト(SA)』関連書籍はコチラ

システムアーキテクト(SA)のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

独立行政法人 情報処理推進機構IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階
☎03-5978-7600

その他 IT・パソコン系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました