Linux技術者認定試験(LPIC)

 Linux技術者認定試験(LPIC) 民間資格

 Linux技術者認定試験(LPIC)の概要(概略)

・世界中の技術者が開発協力し進化を続けるオープンソースのOSがLinux。
 このLinuxを扱う技術者のレベル(3段階)を測る試験で、世界共通基準で作成します。

・資格の種類:民間資格

 Linux技術者認定試験(LPIC)の受験資格

制限なく誰でも受験できる。

 Linux技術者認定試験(LPIC)の試験内容(科目)

試験時間は90分、マウスで選択する問題とキーボードで入力する記述式とがある。
問題はサイコメトリックス(計量心理学)に基づいて作成され、問題によって配点が異なることも
特徴となっている。

【レベル1】全科目必須
101試験: Linux一般1
102試験: Linux一般2

【レベル2】全科目必須
201試験: Linux応用管理 ほか
202試験: Linuxネットワーク管理 ほか

【レベル3】
300試験:Mixed Environment
303試験:Security
304試験:Virtualization and High Availability

Linux技術者認定試験(LPIC)の学習方法

◆高校生の方は
Linux技術者認手に試験 を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみよう!
 Linux技術者認定試験【LPIC】

『 Linux技術者認定試験(LPIC)』関連書籍はコチラ

 Linux技術者認定試験(LPIC)のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

特定非営利活動法人 LPI-Japan事務局
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9  BPRプレイス神谷町7階 ☎03-3568-4482

その他 IT・パソコン系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました