C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験 民間資格

C言語プログラミング能力認定試験の概要(概略)

・機種依存性が少なく互換性が高いプログラミング言語であるC言語のプログラミング能力認定
 試験。C言語を駆使して応用プログラムが作成できる人材の育成を目指して生まれた試験です。

・資格の種類:民間資格

C言語プログラミング能力認定試験の受験資格

誰でも受験できる。

C言語プログラミング能力認定試験の試験内容(科目)

〔試験の目的〕
C言語を駆使して応用プログラム(言語処理系、ユーティリティなど)を作成する能力を認定。

【3級】多肢選択式マークシート形式、テーマ別大問6問程度必須、60分
C言語プログラミングに必要なプログラミング知識・技能を出題範囲に従って出題(プログラムの空欄を補完する問題を含む)

【2級】多肢選択式マークシート形式、テーマ別大問8問程度必須、90分
C言語プログラミングに必要なプログラミング知識・技能を出題範囲に従って出題(プログラムの空欄を補完する問題を含む)

【1級】実技試験(パソコン使用)、2問必須、150分
事前に公開しているテーマプログラム(1700行程度)に対する仕様変更、仕様追加に対応したプログラム作成(コーディング・入力・コンパイル・デバッグを含む)および変更仕様書の作成を行う

C言語プログラミング能力認定試験の学習方法

◆高校生の方は
C言語プログラミング能力認定試験 を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみよう!
 C言語プログラミング能力認定試験

『C言語プログラミング能力認定試験』関連書籍はコチラ

C言語プログラミング能力認定試験のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

株式会社 サーティファイ 認定試験事務局
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル ☎0120-031-749

その他 IT・パソコン系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました