ITパスポート(iパス)

ITパスポート(iパス) 国家資格

ITパスポート(iパス)の概要(概略)

・ITパスポート(iパス)は、IT化された社会で、すべての社会人が備えておくべきITの基礎的知識を
 証明できる国家試験です。現代のビジネスマンとして、誰もが共通に備えておくべき情報技術に
 関する基礎的な知識、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系のそれぞれの分野における
 基礎的な用語、概念などの理解をすることが目的です。

・資格の種類:国家資格

 

国家資格「情報処理技術者試験」の資格群の中のレベル1に位置づけられていて、IT全般に関する基本知識をひと通り学びたいIT初心者に適した資格。「ITを経営にどう活用するか」という視点で作られているので、法務や会計など経営全般の知識も学べる。

ITパスポート(iパス)の受験資格

制限なく誰でも受験できる

ITパスポート(iパス)の試験内容(科目)

情報技術を活用するために必要な共通的基礎知識が問われる。出題範囲は、テクノロジ(技術)系45問程度、マネジメント(管理)系20問程度、ストラテジ(経営戦略)系35問程度の比率で出題される。四肢択一の多肢選択式 (120分、100問)

<テクノロジ系>
基礎理論(基礎理論、アルゴリズムとプログラミング)、コンピュータシステム(コンピュータ構成要素、システム構成要素、ソフトウェア、ハードウェア)、技術要素(ヒューマンインタフェース、マルチメディア、データベース、ネットワーク、セキュリティ)

<マネジメント系>
開発技術(システム開発技術、ソフトウェア開発管理技術)、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント(サービスマネジメント、システム監査)

<ストラテジ系>
企業と法務(企業活動、法務)、経営戦略(経営戦略マネジメント、技術戦略マネジメント、ビジネスインダストリ)、システム戦略(システム戦略、システム企画)

※[合格基準]1,000点満点で、総合評価点(分野別の合計点)と、分野別評価点がそれぞれ基準点(総合600点、分野別テクノロジ300点、マネジメント300点、ストラテジ300点)以上で合格となる

ITパスポート(iパス)の学習方法

◆高校生の方は
ITパスポートを目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみよう!
 ITパスポート試験<国>

◆大学生・社会人の方は
今なら、ITパスポート(iパス)の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている資格が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。   ITパスポート

『ITパスポート(iパス)』関連書籍はコチラ

DVD・PCソフトで学ぶ!

ITパスポート(iパス)のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス 15F ☎03(6204)2098

その他 IT・パソコン系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました