マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS) 民間資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS)の概要(概略)

・Microsoft Office の Excel、Word などの各アプリケーションの利用スキルを証明する
 資格試験です。ExcelやWordなどのOffice製品は、多くの企業で使用しているため、
 業界や職種を問わず「仕事に役立つ実務能力」として企業からも求められています78。

・資格の種類:民間資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS)の受験資格

誰でも受験できる。(小学生以下は、試験当日に保護者の同期が必要)

マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS)の試験内容(科目)

・Officeのアプリケーションを使い、どれだけ要求された作業を確実に行えるかを判定する。
 試験科目は以下の5科目で、1科目ごとに受験する。

①Word  ②Excel  ③PowerPoint  ④Access  ⑤Outlook、試験時間:各科目50分
①Wordと②Excelには、一般レベル(スペシャリスト)と上級レベル(エキスパート)の2種類のレベルがある。Office2013のWordとExcelの上級レベルはPart 1とPart 2の2科目の合格で認定される。

[一般レベル]
基本的な機能を効率よく利用し、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更・印刷などの作業ができる
[上級レベル)]
基本的な機能を十分理解したうえで、用途や目的に応じて環境設定・データの有効活用など高度な機能を駆使した作業ができる

【マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター】Microsoft Officeの同一バージョンの
 所定科目の合格者に贈られる称号。Office製品の複数のアプリケーションを使いこなせる
 総合的なスキルが証明できる。

マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS)の学習方法

◆高校生の方は
マイクロソフト オフィス スペシャリスト を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみよう
 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

◆大学生・社会人の方は
今なら、マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS)の合格に向けたポイントが
掲載された資料が無料でもらえます。最終的に受験をしなくても、この資料を読む
だけで資格のイメージが湧き、自分に向いている資格が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。   マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

『マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS)』関連書籍はコチラ

マイクロソフトオフィススペシャリスト (MOS)のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

(株)オデッセイ コミュニケーションズ カスタマーサービス
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル ☎03(5293)1881

その他 IT・パソコン系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました