税理士

国家資格

税理士の仕事内容

・会社や個人からの依頼で所得税、法人税、事業税、相続税、固定資産税等の事務業務を
 代行したり、税務書類作成や税務相談に応じたりします。

・また税制は複雑な上、しばしば改正されるので企業では税務に関する業務は税理士に
 依頼します。独立開業はもちろん、一般企業に勤務するにも断然有利であり、
 税のスペシャリストとして将来性のある資格です。

・資格の種類:国家資格

税理士になるには〔受験資格〕

①大学・短大、高等専門学校では法律学又は経済学に関する科目を1科目以上履修し卒業した者
②法律学又は経済学に関するを含め62単位以上取得した大学3年次以上の学生
③司法試験の合格者
④日本商工会議所主催の簿記検定1級合格者又は公益社団法人全国経理教育協会主催の
 簿記能力検定試験上級合格者(昭和58年度以降の合格者に限る)他
⑤一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
⑥法人又は事業を行う個人の会計に関する事務に2年以上従事した者
⑦銀行、信託会社、保険会社などにおいて、資金の貸付け・運用に関する事務に2年以上
 従事した者
⑧税理士・弁護士・公認会計士などの業務の補助事務に2年以上従事した者 他

税理士の試験内容(科目)

〔会計学〕
①簿記論
②財務諸表論

〔税法〕
次の①~⑨から3科目を選択(ただし、①と②のいずれかを必ず選択する事。
また、④と⑤、⑦と⑧はそれぞれどちらか一方の科目しか選択できない)

①所得税法
②法人税法
③相続税法
④消費税法
⑤酒税法
⑥国税徴収法
⑦住民税
⑧事業税
⑨固定資産税

※上記の会計学2科目、税法の内3科目の計5科目に合格した時税理士の資格が与えられるが、
 科目合格制なので、一度に5科目を受験する必要はなく、何年かけて受験してもよい。

税理士を目指す具体策

◆高校生の方は
税理士を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 税理士の詳細ページへ

◆大学生・社会人の方は
今なら、税理士の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。 税理士

『税理士』関連書籍はコチラ

DVDで学ぶ

PCソフトで学ぶ!

税理士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

各国税局人事第二課(沖縄国税事務所は人事課)
試験担当係又は国税庁国税審議会税理士分科会
〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1 ☎03-3581-4161

その他 会計/金融系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました