事業用操縦士(滑空機/飛行船)

自家用操縦士(滑空機/飛行船) 国家資格

事業用操縦士(滑空機/飛行船)の仕事内容

・報道や農薬散布、その他の事業を目的として滑空機(グライダー)や飛行船を操縦するために
 必要な資格です。
    
・資格の種類:国家資格

事業用操縦士(滑空機/飛行船)になるには〔受験資格〕

【動力滑空機】
18歳以上で、出発地点から240km以上の野外飛行で、中間で2回以上の生地着陸などを含む飛行経験を有する者

【上級滑空機】
18歳以上で、機長として、5回以上の失速からの回復の方法の実施などを含む、15時間以上の滑空を行った経験を有する者

【飛行船】
18歳以上で、飛行船による20回以上の離着陸を含む50時間以上の機長としての飛行などを含む200時間以上の飛行経験を有する者

事業用操縦士(滑空機/飛行船)の試験内容(科目)

【滑空機】
〔学科〕航空工学、滑空機飛行に関する気象 他
〔実地〕運航に必要な知識、飛行前作業 他

【飛行船】
〔学科〕航空工学、航空気象 他
〔実地〕運航に必要な知識、飛行前作業 他

事業用操縦士(滑空機/飛行船)を目指す具体策

◆高校生の方は
事業用操縦士(滑空機/飛行船)を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 パイロット

『事業用操縦士(滑空機/飛行船)』関連書籍はコチラ

事業用操縦士(滑空機/飛行船)のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

国土交通省 航空局 安全部運航安全課
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3 ☎03-5253-8811

その他 自動車/航空/船舶系に関連する職業・資格

船舶系資格
海技士(航海) ②海技士(機関) ③海技士(通信/電子通信)
④内燃機関海技士 ⑤小型船舶操縦士 ⑥潜水士 ⑦水先人
船舶に乗り組む衛生管理者 ⑨救命艇手・限定救命艇手 ⑩水路測量技術検定
⑪海事代理士 ⑫海事補佐人 ⑬揚貨装置運転士 
転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 

 

タイトルとURLをコピーしました