自転車安全整備士

自転車安全整備士 民間資格

自転車安全整備士の仕事内容

・自転車の点検整備とともに利用者に対して交通安全についての指導をする自転車に関するスペ
 シャリストです。自転車安全整備士が点検、整備した普通自転車にはTSマーク(傷害・賠償責任
 保険付)を貼ることができ、自転車の販売に付加価値をつけられます。自転車店開業の必携資格
 です。

・資格の種類:民間資格

自転車安全整備士になるには〔受験資格〕

18歳以上で、自転車の安全利用に関する指導ならびに自転車の点検整備をに関し、2年以上の実務経験がある者
      

自転車安全整備士の試験内容(科目)

・学科、実技、面接全ての科目に合格した場合に資格取得となる。ただし、前年度にいずれかの
 科目に合格してる時は、翌年受ける技能検定に限り、当該科目の試験が免除される。

〔学科試験〕
①自転車の種類、各部位の名称及び機能など
②点検整備に使用する工具の名称及びその使用方法
③普通自転車の点検整備基準
④自転車に関する道路交通法などの知識
⑤自転車の安全利用の推進に必要な知識

〔実技試験〕
①分解:準備作業で整理した試験用自転車を取り外し、分解(制限時間25分)
②組立て:適切な工具を使って組み立てるもので、まず後車輪を組み立てた後、
     試験対象除外部品に関する項目を除きJISD9301‐2013「一般用自転車」に
     適合するよう完成車に組み立てる。組み立てる順序は自由(制限時間80分)

〔面接試験〕
①自転車の安全利用に関する正しい知識を要領よく表現することができるか
②自転車利用者に応じた的確な指導を行うことができるか

自転車安全整備士の学習方法

『自転車安全整備士』関連書籍はコチラ

自転車安全整備士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

公益財団法人 日本交通管理技術協会
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-6 エアマンズビル市ヶ谷 ☎03-3260-3621

その他 自動車/航空/船舶系に関連する職業・資格

船舶系資格
海技士(航海) ②海技士(機関) ③海技士(通信/電子通信)
④内燃機関海技士 ⑤小型船舶操縦士 ⑥潜水士 ⑦水先人
船舶に乗り組む衛生管理者 ⑨救命艇手・限定救命艇手 ⑩水路測量技術検定
⑪海事代理士 ⑫海事補佐人 ⑬揚貨装置運転士 
転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました