家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザー 民間資格

家電製品アドバイザーの仕事内容

・家電製品の多様化や多機能化、デジタル化、システム化が進み、家電流通関係の販売・営業系
 業務従事者は、商品知識や接客スキルを要求されます。家電製品の選択、使用法、不具合発生時
 の対処法、廃棄処分の仕方等をサポートする家電製品アドバイザーです。

・資格の種類:民間資格

家電製品アドバイザーになるには〔受験資格〕

制限なく誰でも受験できる。

家電製品アドバイザーの試験内容(科目)

・試験は【AV情報家電】【生活家電】の2種目。
 それぞれ〔商品知識・取扱〕〔CS・法規〕の2科目が行われる。

【AV情報家電】
対象機器・項目:映像機器、音響機器、情報関連機器、通信技術 ほか
〔商品知識・取扱〕AV情報家電製品の商品知識・取扱の理解度を問う
〔CS・法規〕① CSに関する知識、②放棄に関する知識

【生活家電】
対象機器:エアコン、換気扇、冷蔵庫、IHクッキングヒーター、洗濯乾燥機、
照明器具、ほか
〔商品知識・取扱〕生活家電製品の商品知識取り扱いの理解度等
〔CS・法規〕① CSに関する知識、②法規に関する知識(AV情報家電と共通)

※【AV情報家電】と【生活家電】の試験は併願受験が可能。
 両方の資格を取得すると【家電製品総合アドバイザー】になれる。

家電製品アドバイザーの学習方法

『家電製品アドバイザー』関連書籍はコチラ

家電製品アドバイザーのお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

一般財団法人 家電製品協会
〒100-8939 東京都千代田区霞ヶ関3-7-1 霞が関東急ビル5F ☎03-6741-5609

その他 暮らし系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました