福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員 公的資格

福祉用具専門相談員の仕事内容

・要介護者や、その介護者が必要とする福祉用具に関するアドバイスや相談に応じる専門家です。

・資格の種類:公的資格

福祉用具専門相談員になるには〔受験資格〕

制限なく誰でも受けられる

福祉用具専門相談員の講習内容(科目)

習得方法
厚生労働省大臣が指定する「福祉用具専門相談員指定講習会」の講義と実習を
全50時間受講する。そして講習の最後に修了評価(筆記)が行われる。

※指定講習会の指定事務は都道府県が行う。
※講習修了者には「修了証書」「携帯修了証書」が交付される。ただし、介護福祉士、
 義肢装具士、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士の
 資格習得者については、講習を受けなくても福祉用具専門相談員として認められる。

講習内容
①福祉用具の福祉用具専門員の役割
 福祉用具の役割(1時間)、福祉用具専門相談員の役割と職業倫理(1時間)

②介護保険制度等に関する基礎知識
 介護保険制度等の考え方と仕組み(2時間)、介護サービスにおける視点(2時間)

③高齢者と介護・医療に関する基礎知識
 体と心の理解(6時間)、リハビリテーション(2時間)、高齢者の日常生活の理解(2時間)、
 介護技術(4時間)、住環境と住宅改修(2時間)

④個別の福祉用具に関する知識・技術
 福祉用具の特徴(8時間)、福祉用具の活用(8時間)

⑤福祉用語に係るサービスの仕組みと利用の支援に関する知識
 福祉用語の供給の仕組み(2時間)、福祉用貸与計画等の意義と活用(5時間)

⑥福祉用具の利用の支援に関する総合演習
 福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成(5時間)

※講習のスケジュールは40時間のカリキュラムを6日間前後に配分され連続して行うことが多い。

福祉用具専門相談員を目指す具体策

◆高校生の方は
福祉用具専門相談員を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。
  福祉用具専門相談員の詳細ページへ

◆大学生・社会人の方は
今なら、福祉用具専門相談員の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。 福祉用具専門相談員

『福祉用具専門相談員』関連書籍はコチラ

福祉用具専門相談員のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

各都道府県の介護保険主管課

その他 福祉系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました