介護職員初任者研修

介護職員初任者研修 公的資格

介護職員初任者研修の概要(概略)

・訪問介護を担ってきた「訪問介護(ホームヘルパー)2級」資格制度から、2013年度4月に
 移行された新しい介護職員初任者研修制度で、介護職員を目指す人の登竜門です。

・介護職として生涯働き続けるため、キャリアアップの入り口として位置づけられ、これらの
 高齢者社会を支えます。

・資格の種類:公的資格

介護職員初任者研修の受験資格

制限なく誰でも受験できる

※すでに介護職員2級・1級、介護職員基礎研修を履修している者は、
 介護職員初任者研修の修了とみなされる

介護職員初任者研修の講習内容(科目)

[研修科目] 講義と演習を一体で実施する

①職務の理解(6時間)
 多様なサービスの理解、介護職の仕事内容や働く現場の理解
②介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)
 人権と尊厳を支える介護、自立に向けた介護
③介護の基本(6時間)
 介護職の役割・専門性と多職種との連携、介護職の職業倫理、介護における安全の確保と
 リスペクトマネジメント、介護職の安全
④介護・福祉サービスの理解と医療との連携(9時間)
 介護保険制度、医療との連携とリハビリテーション 他
⑤介護におけるコミュニケーション技術(6時間)
 介護におけるコミュニケーションやチームのコミュニケーション
⑥老化の理解(6時間)
 老化に伴う心と体の変化と日常、高齢者と健康
⑦認知症の理解(6時間)
 認知症を取り巻く状況、医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理、認知症に伴う心と
 体の変化と日常生活、家族への支援
⑧障害の理解(3時間)
 障害の基礎的理解、障害の医学的側面、生活障害・心理と行動の特徴・かかわり支援などの
 基礎的知識、家族の心理・かかわり支援の理解
⑨心と体の仕組みと生活支援技術(75時間)
 介護の基本的な考え方、生活と家事、快適な居住環境整備と介護 他
⑩振り返り(4時間)
 就業への備えと研修終了後における継続的な研修 他

[修了評価]
筆記試験(1時間程度)
※上記に履修後、筆記試験による修了評価(1時間)が行われる

介護職員初任者研修を目指す具体策

◆高校生の方は
ホームヘルパーを目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる
  介護職員初任者研修の詳細ページへ

◆大学生・社会人の方は
今なら、ホームヘルパーの合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。 介護職員初任者研修

『介護職員初任者研修』関連書籍はコチラ

DVDで独学!

介護職員初任者研修のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

各都道府県、市区町村の福祉担当課、および講座実施団体

その他 福祉系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました