消防設備点検資格者

国家資格

消防設備点検資格者の仕事内容

・劇場、ホテル、事務所ビル、工場などの建物では、火災時に消防用設備等が正しく機能する
 よう定期的に点検し、消防機関へ報告することが義務付けられています。

・消防設備点検資格者は、火災等の際に消防用設備等がその機能を充分発揮するために
 適正な維持管理を行う資格です。

・資格の種類:国家資格

消防設備点検資格者になるには〔受講資格〕

次のいずれかに該当する者。

①甲・乙種消防設備士
②第2種・第1種電気工事士
③2級・1級管工事施工管理技士
④水道布設工事監督の有資格者
⑤建築設備検査資格者、特殊建築物調査資格者、昇降機検査資格者
⑥1・2級建築士
⑦技術士(機械、電気、電子、化学、水道、衛生工学部門)の2次試験合格者
⑧1・2・3種電気主任技術者
⑨1・2・3級海技士(機関)
⑩建築基準適合判定資格者検定に合格した者
⑪消防用設備等又は特殊消防用設備等の工事、整備について5年以上の実務経験のある者
⑫消防行政にかかわる事務のうち消防設備等の事務に関し、1年以上の実務経験のある者
⑬建築行政にかかわる事務のうち建築物の構造、設備の事務に関し、2年以上の実務経験のある者
⑭大学、高専、専門学校で機械、電気、工業化学、土木、建築に関する学科を修めて卒業
 したのち、消防用設備などの工事、整備について1年以上の実務経験のある者
⑮高校で、機械、電気、工業化学、土木、建築に関する学科を修めて卒業したのち、
 消防用設備等の工事、整備について2年以上の実務経験ある者

消防設備点検資格者の講習内容

点検できる消防用設備などの種類により第1種、第2種、特種に分かれている

【第1種】
①火災予防概論
②消防法規
③消防用設備など及び特殊消防用設備などの点検制度
④建築基準法規
⑤消火器具、非常電源、配線、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、
 泡消火設備、屋内消火栓設備、連結散水設備、連結送水管、パッケージ型消火設備、
 パッケージ型自動消火設備、不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備、
 動力消防ポンプ設備、消防用水及び総合操作盤の技術基準と点検要領
⑥修了考査

【第2種】
①~④は【第1種】①~④と同じ
⑤避難器具、排煙設備、非常電源、配線、漏電火災警報器、誘導灯、誘導標識、
 非常コンセント設備、無線通信補助設備、自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、
 消防機関へ通報する火災報知設備、非常警報器具、非常警報設備及び総合操作盤の
 技術基準と点検要領
⑥修了考査

【特種】
①~④は【第1種】①~④と同じ
⑤消防用設備など概論
⑥特殊消防用設備など概論
⑦必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備など
⑧設備など設置維持計画
⑨電子工学に関する基礎的知識
⑩電気通信に関する基礎的知識
⑪修了考査
※5年ごとに再講習受講が義務付けられている

<終了考査>
1種、2種、特種ともに、それぞれ3日間行われる講習科目から出題される

消防設備点検資格者を目指す具体策

消防庁長官の登録講習機関である日本消防設備安全センターが各都道府県で実施する講習を
受講して、修了考査に合格しなければならない。

『消防設備点検資格者』関連書籍はコチラ

消防設備点検資格者のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

一般財団法人 日本消防安全設備安全センター業務部
〒105-0014 東京都港区虎ノ門2-9-16 日本消防会館7階

その他 消防・防災系に関する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました