消防官(消防士)

公的資格

消防官(消防士)の仕事内容

・消防官(消防士)は、火災や震災から国民の生活を守る災害対応業務のために働きます。

・資格の種類:公的資格(地方公務員)

消防官(消防士)になるには〔受験資格〕

消防官採用試験は、受験資格として「年齢制限」と「身体要件」が設けられています。

【年齢制限】
受験資格の中で、一番のポイントになるのが「年齢」です。
受験できる年齢に制限を設けています。受験する自治体によっても異なりますが、
おおむね30歳くらいまで受験可能な地域が多いです。

【身体要件】
採用試験を受けるには、「職務遂行に支障のない」とされる身体的な基準を
満たす必要があります。条件については各市町村ごとで異なりますので、
必ず自分の志望先の身体要件を確認しておきましょう。

・身長:<男性>160cm以上 <女性>155cm以上
・体重:<男性>50kg以上 <女性>45kg以上
・胸囲:身長の2分の1以上
・視力:両目で0.7以上かつ一眼でそれぞれ0.3以上であること(矯正視力含む)。
    赤・青・黄の色彩の識別ができること
・聴力:左右正常であること
・肺活量:<男性>3,000cc以上<女性>2,500cc以上

消防官(消防士)の試験内容(科目)

1次試験と2次試験の二段階で実施され、1次試験のメインは「筆記試験」、
2次試験のメインは「面接試験」です。1次試験合格者のみ2次試験に進みます。

各試験の出題分野・内容は

教養試験(筆記試験)
・一般知能(文章理解・判断推理・数的推理・資料解釈など)
・一般知識(社会科学・人文科学・自然科学など)

論文(作文)試験
与えられたテーマに沿った内容

体力試験
握力・上体起こし・長座体前屈・反復横跳び・懸垂など

面接試験
個人面接、または集団討論

適性検査
性格適性および職務適性の検査

身体検査
健康状態に関する医学的な検査

消防官(消防士)を目指す具体策

◆高校生の方は
消防官(消防士)を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみよう!  消防士の詳細ページへ

◆大学生・社会人の方は
今なら、消防官(消防士)の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけでイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。  消防官(消防士)

『消防官(消防士)』関連書籍はコチラ

消防官(消防士)のお問合せ先

試験は全国一律ではなく、各市町村の消防本部ごとに実施されています。そのため、地域によって試験内容・受験方法・受験資格・日程などが若干異なります。また新型コロナウィルス感染拡大に伴い、試験要綱(要領)は変更される場合がありますので、最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、合格発表日等々)は各市町村の消防本部にお問合せ、ご確認ください。

その他 消防・防災系に関する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました