消防設備士

国家資格

消防設備士の仕事内容

・いざ災害という時に、消火器、火災報知器、警報機やスプリンクラー等が十分機能するように、
 消防用設備等の工事・整備・点検を行うスペシャリスト。

・甲種、乙種があり、工事整備対象設備等の種類別に、試験は甲種は特類と1~5類、乙種が
 1~7類に分けて実施される。甲種は工事・整備・点検等を、乙種は整備・点検などを行う。

・資格の種類:国家資格

消防設備士になるには〔受験資格〕

【乙種】
制限なく誰でも受験できる

【甲種】次のいずれかに該当する者
①大学、短大、高専で機械、電気、工業化学、土木、
 又は建築に関する学科又は課程を修めて卒業した者

②乙種消防設備士の免状の交付を受けた後、
 2年以上の工事整備対象設備等の整備実務経験がある者

③大学、高専又は専修学校で機械、電気、工業化学、土木、
 又は建築に関する授業科目を履修して15単位以上修得した者

④技術士等の2次試験合格者

⑤電気工事士

⑥電気主任技術者、その他

【甲種特類】
甲種第1類から第3類までのいずれか一つ、
及び甲種第4類と第5類の3種類以上の免状の交付を受けている者

消防設備士の試験内容(科目)

資格の分類と工事などができる消防用設備などは以下の通り

【乙種】【甲種】
〔1類〕屋内・屋外消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備
〔2類〕泡消火設備
〔3類〕不活性ガス・ハロゲン化物・粉末消火設備
〔4類〕自動火災報知器設備・ガス漏れ火災警報設備・消防機関へ通報する火災報知設備
〔5類〕金属製避難はしご、救助袋、緩降機
〔6類〕消火器
〔7類〕漏電火災警報機(6類、7類は乙種のみ)

【甲種特類】特殊消防用設備等
<学科試験>
①消防関係法令
②機械、電気に関する基礎的知識(甲種特類を除く)
③試験区分の消防用設備などの構造・機能・機能・整備の方法
(甲種特類は除く、甲種は構造・機能・工事・整備の方法)に関する4肢択一式試験
④工事整備対象設備などの構造・機能・工事・設備の方法、性能に関する火災
及び防火に係る知識(甲種特類のみ)

<実技試験>【乙種】【甲種】(甲種特類は除く)
①写真・イラスト・図面等による記述試験(鑑別など)
②製図(甲種のみ)

消防設備士を目指す具体策

◆高校生の方は
消防設備士を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみよう!
  消防設備士の詳細ページへ

◆大学生・社会人の方は
今なら、消防設備士の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている職業・資格が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。 消防設備士

『消防設備士』関連書籍はコチラ

消防設備士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

一般財団法人 消防試験研究センターの各都道府県支部
東京都の場合は中央試験センター
〒151‐0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1‐13‐20 ☎03-3460-7798

その他 消防・防災系に関する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました