犬訓練士

犬訓練士 民間資格

犬訓練士の仕事内容

・日本警察犬協会公認訓練士が経営する公認訓練士で見習い訓練士として学び、最低2頭5科目
 以上の訓練実績を上げられると受験資格が与えられます。まず3等訓練士の資格を取り、
 その後実績を積んだで2等、1等を目指します。

・資格の種類:民間資格

犬訓練士になるには〔受験資格〕

3等訓練士、2等訓練士、1等訓練士、1等訓練士正、1等訓練士長の5階級あるが、まずは協会の公認訓練士が経営する訓練所に入所し、3等訓練士受験のための実績をつくり、3等訓練士の資格を取得したのち、1クラスずつ昇格していくシステム。

[1等訓練士]2等訓練士として5年以上訓練に従事した者
[2等訓練士]3等訓練士として2年以上訓練に従事した者
[3等訓練士]次の全てを満たす者
①日本警察犬協会の会員で、18歳以上の者
②見習訓練士として経験がある者
③訓練試験で2頭5科目必要以上の合格実績のある者

※1等、2等ともに所定の条件を満たした上で、教会の関係機関から推薦されることが必要

犬訓練士の試験内容(科目)

学科
㋐犬に関する心得、㋑犬学(概論)、㋒訓練法、㋓繁殖
㋔飼育管理、㋕生理・衛生、㋖畜犬に関する法令規則

人物考査
㋐一般調査、㋑面接試験

術科
㋐訓練の実際、㋑基本訓練及び応用訓練の初歩
㋒飼育管理の実績、㋓衛生救急法

犬訓練士を目指す具体策

『犬訓練士』関連書籍はコチラ

DVDで学ぶ!

犬訓練士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

公益社団法人 日本警察犬協会 本部
〒110-0015 東京都台東区東上野4-13-7 ☎03-5828-2521

その他  環境/動物に関連する職業・資格

気象予報士 ②ECO検定(環境社会検定試験) ③樹木医 ④造園施工管理技士
日本農業技術検定 ⑥環境計量士 ⑦臭気判定士 ⑧公害防止管理者 ⑨獣医師
トリマー ⑪東京都公害防止管理者 ⑫森林インストラクター
ビオトープ管理士 ⑭犬訓練士 ⑮愛玩動物飼養管理士 ⑯ハンドラー
⑰初生ひな鑑別士 ⑱認定ペットシッター ⑲実験動物技術者 ⑳環境カオリスタ検定
環境アレルギーアドバイザー
転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました