獣医師

獣医師 国家資格

獣医師の仕事内容

・犬、猫、牛、馬、豚と言った飼育動物の診断や伝染病の予防などはもちろんのこと、
 公衆衛生面での指導、野生動物の保護、希少動物の人工繁殖なども行います。

・資格の種類:国家資格

獣医師になるには〔受験資格〕

・次のいずれかに該当すれば受験できる。

①現行の大学の獣医学の正規の課程(6年制)を修めて卒業した者(卒業見込みの者も含む)
②外国の獣医学校を卒業、または外国で獣医師の免許を取得した者で、獣医事審議会が獣医師法
 の規定に基づき認定した者
③獣医師国家試験予備試験に合格した者(なお、外国の獣医学校を卒業又は外国で獣医師の免許を
 得た者で、獣医事審議会の認定を受けた者でなければ獣医師国家試験予備試験を受けることは
 できない) 他

獣医師の試験内容(科目)

・飼育動物の診療上必要な獣医学ならびに獣医師として必要な公衆衛生に関する知識・技能に
 ついて、以下の基準で必須問題、学説試験及び実地試験に分けて筆記試験が行われる。
・必須問題50問、学説160問、実地120問(いずれも多肢選択・マークシート方式)

獣医療の基本的事項:獣医師の役割・理論、動物福祉、法・制度
獣医学の基本的事項:構造と機能、生殖と行動、薬理作用と毒性・放射線作用、病原体と
 寄生体、発症機序と病理・病態、主要症候、検査と診断、治療と処置
衛生学に関する事項:動物衛生と公衆衛生、動物の飼育・衛生管理、魚類の飼育、衛生管理、
 食品衛生、人獣共通感染症、環境衛生
獣医学の臨床的事項:栄養、感染症、中毒、呼吸器系と胸腔・胸膜の疾患、循環器系の疾患、
 消化器系と腹腔・腹膜の疾患 他

獣医師の学習方法

◆高校生の方は
獣医師を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 獣医師の詳細ページへ

『獣医師』関連書籍はコチラ

獣医師のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

農林水産省 消費・安全局畜水産安全管理課獣医事班
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1 ☎03-3502-8111

その他  環境/動物に関連する職業・資格

気象予報士 ②ECO検定(環境社会検定試験) ③樹木医 ④造園施工管理技士
日本農業技術検定 ⑥環境計量士 ⑦臭気判定士 ⑧公害防止管理者 ⑨獣医師
トリマー ⑪東京都公害防止管理者 ⑫森林インストラクター
ビオトープ管理士 ⑭犬訓練士 ⑮愛玩動物飼養管理士 ⑯ハンドラー
⑰初生ひな鑑別士 ⑱認定ペットシッター ⑲実験動物技術者 ⑳環境カオリスタ検定
環境アレルギーアドバイザー
転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました