学芸員(学芸員補)

学芸員(学芸補) 国家資格

学芸員(学芸員補)の仕事内容

・博物館で資料の収集、展示などの業務を行う専門職員です。
 資格を取得しても、就職するには各博物館の採用試験に合格する必要があります。

・資格の種類:国家資格

学芸員(学芸員補)になるには〔受験資格〕

〔学芸員〕
次のいずれかに該当すれば学芸員となる資格が得られる
①学士の学位を有し、大学で文部科学省の定める博物館に関する科目の単位修得者
②大学に2年以上在学し、博物館に関する科目の単位を含めて62単位以上修得し、
 3年以上学芸員補の職にあった者他

〔学芸員補〕
大学に入学できる者は学芸員補となる資格がある

学芸員(学芸員補)の試験内容(科目)

【試験認定】の場合(全て筆記)
必須8科目
①生涯学習概論②博物館概論③博物館経営論④博物館資料⑤博物館資料保存論
⑥博物館展示論⑦博物館教育論⑧博物館情報・メディア論

選択2科目
①文化史②美術史③考古学④民俗学⑤自然科学史
⑥物理⑦化学⑧生物学⑨地学、のうち2科目

【審査認定】の場合
博物館に関する学識、業績を書類で審査し、学芸員としての意欲・態度・向上心を面接で審査

学芸員(学芸員補)を目指す具体策

◆高校生の方は
学芸員(学芸員補)を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 学芸員

『学芸員(学芸員補)』関連書籍はコチラ

学芸員(学芸員補)のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

文部科学省 生涯学習政策局 社会教育課博物館 振興係
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 ☎03-5253-4111

その他 教育系に関連する職業・資格

 

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました