地質調査技士

地質調査技士 民間資格

地質調査技士の仕事内容

・ボーリング等の地質調査の現場作業に従事する技術者を対象にした資格です。
 近年、高層化、巨大化する建築物では、地質調査による安全の確保が不可欠で、
 地下水汚染調査といった環境分野でのニーズでもあり、注目度がますます高まっています。

・資格の種類:民間資格

地質調査技士になるには〔受験資格〕

〔現場調査部門〕
①5年以上の実務経験
②指定の専門学校指定学科を卒業し、2年以上の実務経験

〔現場技術・管理部門〕〔土壌・地下水汚染部門〕
大学・高専で指定の課程を専攻し卒業し、3年以上の実務経験 他

地質調査技士の試験内容(科目)

[現場調査部門]
筆記試験

①基礎知識、②現場専門技術、③調査技術の理解度、
④管理技法(いずれも四肢択一式)、⑤記述式問題、

口述試験
実務経歴に基づく試問

[現場技術・監理部門][土壌・地下水汚染部門]
四肢択一式問題
①社会一般、建設行政等の知識、②地質、土木、建築の知識
③現場技術の知識、④調査技術の理解度、⑤解析手法、設計・施工への適用
⑥管理技法、⑦入札・契約、仕様書などの知識

記述式問題
①現場技術に関わる問題、②地質調査技士に関わる問題、③建設一般に関わる問題

地質調査技士の学習方法

『地質調査技士』関連書籍はコチラ

地質調査技士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

一般社団法人 全国地質調査業協会連合会
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-5-13 内神田TKビル3階 ☎03-3518-8873

その他 建築/土木/施工系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました