企画・マーケティング職に求められる資格

マーケティングから、販売促進、店舗経営、IT化への対応、ビッグデータの活用にあたって必要な統計学、社会の動きを先読みする時事力まで、企画・マーケティング職に求められる知識やノウハウが身につく資格をご紹介します!

統計検定

統計学の知識や活用力を評価する試験。統計学の基本的な用語や概念を理解したり、事例問題を解きながら統計分析の手法を学んだり、統計学の理解をじっくり学びたい人に向いている。研究者や医師、会社員など様々な職業の人が受験をしている。

統計検定
統計検定は、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験。

ビジネス統計スペシャリスト

データ分析の技能を評価する資格で、統計スペシャリストの人材ニーズの高まりを受けて2015年に誕生した資格試験。エクセルを用いて統計処理する実務的なスキルが身につく。試験では、コンピュータを使ってエクセル操作し、データ分析結果をもとに解答する実践的な問題が出される。

ウェブ解析士

ウェブ解析とは、アクセス解析のデータを活用して、ウェブマーケティングの効果を最大化することです。ウェブ解析士は、ウェブ解析の知識やノウハウを身につけ、実務に役立てることを目指した資格。インターネット広告がマーケティングや販促の主流になった今、ウェブ解析は重要なスキルです。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティングに関する知識やノウハウを総合的に学ぶ。試験では、ケーススタディをもとに出題されるので、具体的な事例をもとに戦略や施策を考える訓練にもなる。理論だけでなく、仕事ですぐ役立つ実務知識や時事情報が習得できる。

ネットマーケティング検定

ウェブやSNSなどインターネットの特性を活かしたマーケティングの知識やノウハウが身につく資格です。試験では、インターネット広告の種類や特徴、検索エンジン対策のノウハウなども出題されるので、実践的な知識を学べる。

日経TEST

日本経済新聞社主催による、時事や経済をテーマとする検定試験。様々な業界の最新動向から社会・国際情勢まで、幅広い内容から出題される。問題を解きながら、「この業界ではこんな動きがあるのか」といった学びやビジネスのアイデアを得られる内容。企画職にオススメ!

リテールマーケティング(販売士)検定

販売促進の企画立案や売り場づくり、接客技術、在庫管理に至るまで、店舗運営に関わる専門知識やノウハウについて学べる。流通業界唯一の公的資格で、1級や2級ともなれば高度な専門知識を習得できるので、社内評価にも有利に働くでしょう。

タイトルとURLをコピーしました