総合無線通信士

総合無線通信士 国家資格

総合無線通信士の仕事内容

・電波法の規定に基づいて行われる無線従事者国家資格のうちの総合無線通信士は③~①級に
 分かれている。中でも1級総合無線通信士は、通信操作についオールマイティで、
 従事できる職域も幅広いが、試験の難易度もかなり高い国家資格です。

・資格の種類:国家資格

総合無線通信士になるには〔受験資格〕

誰も受験できる

総合無線通信士の試験内容(科目)

・試験は電気通信術を除いて、多肢選択、マークシート式

①無線工学の基礎、②無線工学A、③無線工学B
④法規、⑤英語、⑥地理(2・1級)
⑦電気通信術(3級は②、③の代わりに無線工学)

各級の操作範囲は以下の通り

【3級】
①漁船に施設する空中線電力250ワット以下の無線設備の通信操作ができる
②船舶に施設する空中線電力250ワット以下、陸上に開設する海上関係無線局の
空中線電力125ワット以下の無線設備 他

【2級】
①無線設備の国内通信のための通信操作や船舶地球局、航空機局及び航空機地球局の
 無線設備の国際通信のための通信操作ができる
②船舶に施設する空中線電力500ワット以下の無線設備や航空機に施設する無線設備、
 その他放送局を除く250ワット以下の無線設備 他

【1級】
最高の通信士資格で、すべての無線設備の通信操作ができる
①無線設備の通信操作
②船舶及び航空機に施設する無線設備の技術操作
③ ①、②に掲げる操作以外の操作で、2級陸上無線技術士の操作の範囲に属するもの
※科目合格制度があり、免除期間は3年間である

総合無線通信士を目指す具体策

◆高校生の方は
総合無線通信士を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 無線通信士

『総合無線通信士』関連書籍はコチラ

総合無線通信士のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

公益財団法人 日本無線協会
〒104-0053 東京都中央区晴海3-3-3 ☎03-3533-6022

その他 電気・通信系に関連する職業・資格

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました