電気・通信系資格

電気・通信系資格一覧

電気工事士

電気工事士
一般の住宅で使用する小規模な電気設備の工事や、工場・デパートなどの最大電力が500kw未満の自家用電気工作物の工事に維持するためには、電気工事士の資格を取得しなければならない。

電気工事のエキスパート

電気主任技術者

電気主任技術者
電気工作物の工事、維持、運用に関する保安の監督が任務。第一種は全ての事業用電気工作物で任務につけるが、第二種は電圧17万ボルト未満、第三種は電圧5万ボルト未満。

電気施設の最高責任者

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士
1級は電気工事の施工計画、工程管理、品質・安全管理などを行う。2級は一般建設業の許可を受けた営業所の専任技術者、工事現場の主任者技術者等の業務に従事する。

電気工事施工の熟練者

電気通信主任技術者

電気通信主任技術者
電気通信主任技術者の仕事内容 ・情報化社会では、何よりも情報を迅速に、かつ正確に伝わられなくてはなりません。  それを支える中枢が電気通信だが、その電気通信設備の工事、維持、運用に関する監督を  するのが電気通信主任技術者です。 ・...

電気通信ネットワークの監督責任者

アマチュア無線技士

アマチュア無線技士
国内はもちろん、国境を越え、世界中の人々と交信できるアマチュア無線の楽しさは尽きる事が無い。趣味とはいえ国家資格を取得しなければならないが、年齢や学歴を問わず誰でも受験でき、点字受験も可能。いつの時代でも人気の資格。

世界中に仲間の輪が広がる

総合無線通信士

総合無線通信士
船舶や航空機の無線通信士

船舶や航空機の無線通信士になれる

陸上無線技術工

陸上無線技術士
無線通信の技術・操作に関する資格。放送局や通信事業者の通信システムの他、官公庁や電力会社などで活躍。

無線通信の技術・操作に関する資格

陸上特殊無線技工

陸上特殊無線技士
情報社会に欠かせない無線設備を操作するための資格。操作範囲によって3~1級、国内電信級の4種がある。

情報社会に欠かせない無線設備を操作する

航空無線通信士

航空無線通信士
航空機局や航空局などで、無線整備の操作を行うための国家資格。取得すれば、航空運送事業用や管制業務用を含むあらゆる航空無線設備の操作ができる。エアラインで航空整備士として働くには必須の資格といえる。

航空局などで無線設備の操作を行う国家資格

航空特殊無線技士

航空特殊無線技士
自家用航空機の無線設備と国内通信の操作をする

自家用航空機の無線設備と国内通信の操作をする

海上無線通信士

海上無線通信士
船舶の安全運航のための無線設備操作

船舶の安全運航のための無線設備操作

海上特殊無線通信士

海上特殊無線通信士
船舶職員としてレーダーの取り扱いや、他船との無線交信の際に使用するVHF無線電話装置などを取り扱う技術者。1級は一定レベル以上の英語力が必要。

レーダーや他船との無線交信装置の操作

電気通信設備工事担当者

タイトルとURLをコピーしました