画家になる方法

画家 資格・試験・免許が必要のない職業

一枚の絵で見る人の心を感動させる

画家の仕事内容

自分の見たものや考えたこと、気持ちなどを、様々な技法を使って絵画で表現します。画家といっても、大きく分けて「洋画家」と「日本画家」ですが、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法の違いで色々です。

絵画を描くだけでなく、描き上がった自分の作品を、画商を介して売ったり、自ら個展や即売会を開催して販売するなど、ビジネス的な営業能力も必要です。理想は、自分の思うままに描いた作品を売ることだけで生活が成り立てばいいのですが、それだけで生活できる人はほとんどいないのが現実です。

多くの画家は、学校の美術教師や絵画教室の先生、グラフィックデザイナーイラストレーターなどをしながら、絵を描いていることが多いです。

画家になる方法

・美術系の短大・大学、専門学校などで学ぶ
  ↓
・公募展などに応募する
  ↓
・新人賞など、受賞経験を重ねる
  ↓
・画家として活躍

資格、性別、年齢など全く関係ない世界なので、とにかくデッサン力を付け、絵の描き方を研究しましょう。美術大学や美術系の専門学校で学ぶのが一般的。卒業したら、自分が尊敬する画家の弟子になったり、自分一人でひたすら勉強したり、とにかくどんどん描く。

独り立ちできる間は、美術系の教師や講師などの仕事をしながら、公募展に出品して、画廊のオーナーや学芸員、美術評論家などに評価されること目指しましょう。公募展には、日展や二科展のほかさまざまあって、絵の傾向やジャンルなどに違いますが、入選を繰り返すと美術団体の会員になれ、絵の依頼も来て、画家として認めるようになります。

画家を目指せる短大・大学・専門学校の無料資料を請求してみよう!!

画家になるためのPOINT

美術大学や芸術系の専門学校で、自分の描きたいジャンルの基本的な技術を学ぼう。

画家に関連する職業&資格

※画家に関係のある仕事の一覧です。

 

人生航路で迷ったら

  私は中学3年になると、担任の先生から 「将来、どんな職業に就きたいのか?」 それをもとに「高校進学をどうするのか?」 考えておくように言われました。

  先生の言わんとしていることは分かっていますが、 当時の私には進路を考える情報も乏しく、どうしたらよいのか途方にくれました。 悩むのも当たり前です。 だって、働いたことのない子どもだった自分には、どんな職業があるのか、またそういった知識をどこで収集したらよいのかさっぱり分からなかったからです。

 この『学びの羅針盤』は、そんなふうに迷っていた昔の自分のために作りました。きっと昔の私と同様、何をどうしたらよいのか悩んでおられる人も多い筈です。『学びの羅針盤』は、”あなたに合った職業”を見つけるお手伝いをします。別名『職業なるには事典』といいます。

 このサイトでは、あなたの特性に合った職業、そしてその職業に就くための方法(行動指針)を簡潔に掲載しました。おそらくあっと言う間に自分が何をすべきか分かるはずです。なぜならあなたは自分の未来がイメージできるようになるからです。ぜひ就職・転職など、あなたの人生で大きな決断が必要になった時に、あなたの羅針盤としてご利用ください。

【このサイトの使い方】

「何がやりたいのか、わからない!」と仕事選びに悩まれる人は、多いのではないでしょうか?その原因は簡単です。それは、現在、日本にどんな職業があるのか、情報不足で考える材料がないからです。

 そうか!単なる自分は職業の情報不足だったのか!と感じる方は、下記の順番で行動を起こしてみてください。そうすると、ついさっきまで、霞んでいた視界が晴れてきます!

まず
①『学びの羅針盤』には、仕事内容のポイントだけを簡潔に掲載していますので、興味のある職業を気軽に見ていきましょう。
  ↓
そして
②興味を持った職業の下の欄に、その職業に就くための資料請求先を載せていますので、まずは資料を請求してみてください(もちろん資料請求は無料ですから安心してください)。
  ↓
あとは
③取り寄せた資料を見比べて研究です。

ここでのポイントは、
目を閉じて、自分がその仕事をしている姿を想像することです。どうしてもイメージが湧かないようであれば、残念ながら、その職業はあなたに合っていないのかもしれません。もし、具体的なイメージできて、なおかつ楽しそうな自分が見えたら、それが、あなたにぴったりな仕事である可能性が高いということ。あとは実現に向けて行動するだけです。

ねっ⁉ 簡単でしょ?
あとは、あなたの健闘を祈ります❣

 

資格・試験・免許が必要のない職業
学びの羅針盤
タイトルとURLをコピーしました