国家公務員一般職

国家公務員一般職 国家資格

国家公務員一般職の仕事内容

・国家公務員一般職は、「主として定期的な事務処理などの業務に従事する職員」と定義され、
 政策の実行を行い、企画立案を支える立場になります。

・資格の種類:国家資格

国家公務員一般職になるには〔受験資格〕

・国家公務員の採用試験は、試験区分は、大卒程度試験が10区分、高卒者資格が4区分。
 その中から1区分を選んで受験する。また、社会人試験も2区分実施される。

試験実施年度4月1日現在、次のいずれかに該当する者
【大卒程度試験】
①21歳以上30歳未満の者
 又は②21歳未満の者で次に揚げる者。
A)大学を卒業した者及び試験年度は3月までに卒業見込みの者
B)人事院がⓐに揚げられる者と同等の資格があると認める者
C)短大、又は高等専門学校を卒業した者及び試験年度の3月までに卒業見込みの者
D)人事院がⓒに揚げる者と同等の資格がある者と認める者

【高卒者試験】
①高校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して2年を経過していない者、
 及び翌年3月までに卒業見込みの者
②人事院が①に揚げる者に準ずると認める者

【社会人試験(係員級)】
40歳未満の者(【高卒者試験】の受験者資格①の期間が経過した者
および人事院が当該者に準ずると認める者)

国家公務員一般職の試験内容(科目)

【大卒程度試験】
試験区分
①行政②電気・電子・情報③機械④土木⑤建築
⑥物理⑦化学⑧農学⑨農業農村工学⑩林学

〔1次〕行政は次の①②③、それ以外は①②④
①基礎能力試験(多肢選択式)
②専門試験(多肢選択式)
③一般論文試験
④専門試験(記述式)
〔2次〕人物試験
【高卒者試験】試験区分:①事務②技術③農業土木④林業
【社会人試験】試験区分:①技術②農業土木

〔1次〕事務区分は次の①②④、それ以外は①③
①基礎能力試験(多肢選択式)
②適性試験(多肢選択式)
③専門試験(多肢選択し)
④作文試験
〔2次〕人物試験

国家公務員一般職を目指す具体策

◆高校生の方は
国家公務員一般職を目指せる短大・大学・専門学校を調べ、
自分に合いそうな学校が見つかったら資料請求(無料)してみる。 国家公務員

◆大学生・社会人の方は
今なら、国家公務員一般職の合格に向けたポイントが掲載された資料が無料でもらえます。
最終的に受験をしなくても、この資料を読むだけで資格のイメージが湧き、
自分に向いている資格・職業が何なのかヒントがつかめます。
それがこちらの資料です。 公務員

『国家公務員一般職』関連書籍はコチラ

 DVDで学ぶ!

国家公務員一般職のお問合せ先

試験要綱は変更される場合があります。最新の情報(申込方法、試験日、試験地、受験料、
合格発表日等々)は主催・実施団体にお問合せ、ご確認ください。

人事院各地方事務局

 

その他 公務員系に関連する職業・資格

国家公務員一般職 ②国家公務員総合職 ③外務省専門職員 ④財務専門官 
国税専門官 ⑥労働基準監督官 ⑦国会議員政策担当秘書 ⑧衆議院事務局職員 
参議院事務局職員 ⑩防衛省専門職員(語学職・国際関係職) ⑪食品衛生監視員 
社会教育主事 ⑬地方公務員 ⑭自衛官候補生(陸・海・空) 
⑮自衛官幹部候補生(陸・海・空) ⑯気象大学校学生 ⑰航空保安大学校学生 
⑱海上保安大学校学生 ⑲海上保安学校学生 ⑳衆議院・参議院法制局職員総合職

 

転職をお考えの方へ
長いサラリーマン生活、色々なことが起こり、
ふと、今のままでよいのか?!と転職を考えたことはありませんか?
転職をするにも、肉体的・精神的にハードなものがありますが、
実行するしないにかかわらず、まずは情報収集から初めてみましょう! 
転職の情報収集を始める上で、最初にオススメするのは、
転職サイト:リクナビNEXTの "自己分析サービス" です。
あなたの強みを診断し、自己分析に役立つので、
一度試してみると、自分を客観的にながめることができます。
転職に少しでも関心がある方は、将来の情報収集のために
(無料)会員登録してみてはいかがでしょうか!  今すぐ登録
 
タイトルとURLをコピーしました