落語家になる方法

落語家 資格・試験・免許が必要のない職業

「落語」は日本の伝統芸能

落語家の仕事内容

 落語と言う話芸で、寄席や演芸場の観客を楽しませるのが仕事です。落語は江戸時代に生まれた大衆芸能で、最後に「落ち」がある笑い話や人情話が多い。落語家の基本は、昔の落語家が完成させた伝統的な古典落語が出来ることです。最近はニュースを鋭く捉えてネタにする人や、自分の個性を生かして創作した新作落語を得意とする人もいます。扇子や手ぬぐいをいろいろな道具に見立てて、一人で何人もの登場人物の会話を演じ分ける技を持つ、話術のプロです。何回聞いても飽きずに笑えるような、その人ならではの演目があると、「芸術」と言われます。

落語家になる方法

・落語家に弟子入りし、見習いとして雑用をこなす
     ↓
・師匠に認められて「前座」になり、名前をもらう
     ↓
・師匠に認められて「二ツ目」になり、出番が増える
     ↓
・寄席経営者や協会幹部に認められて「真打ち」になる

 落語家になる道はただ一つです。弟子入りしたい師匠に、まず入門志願します。初めは見習いとして師匠や兄弟子の身の回りの世話をしながら、落語界の礼儀作法を学び、噺の稽古をつけてもらうという過程を過ごします。

落語家を目指せる短大・大学・専門学校の無料資料を請求してみよう!!

落語家の先輩から一言

真打になるまでには10年程度かかるので、昔は若いうちに弟子入りする人が多かったのですが、最近は高校や大学で落語研究会に所属していたり、社会人を経て弟子入りしたりする人も増えています。

落語家に関連する職業&資格

※落語家に関係のある仕事の一覧です。

・タレント

人生航路で迷ったら

  私は中学3年になると、担任の先生から 「将来、どんな職業に就きたいのか?」 それをもとに「高校進学をどうするのか?」 考えておくように言われました。

  先生の言わんとしていることは分かっていますが、 当時の私には進路を考える情報も乏しく、どうしたらよいのか途方にくれました。 悩むのも当たり前です。 だって、働いたことのない子どもだった自分には、どんな職業があるのか、またそういった知識をどこで収集したらよいのかさっぱり分からなかったからです。

 この『学びの羅針盤』は、そんなふうに迷っていた昔の自分のために作りました。きっと昔の私と同様、何をどうしたらよいのか悩んでおられる人も多い筈です。『学びの羅針盤』は、”あなたに合った職業”を見つけるお手伝いをします。別名『職業なるには事典』といいます。

 このサイトでは、あなたの特性に合った職業、そしてその職業に就くための方法(行動指針)を簡潔に掲載しました。おそらくあっと言う間に自分が何をすべきか分かるはずです。なぜならあなたは自分の未来がイメージできるようになるからです。ぜひ就職・転職など、あなたの人生で大きな決断が必要になった時に、あなたの羅針盤としてご利用ください。

【このサイトの使い方】

「何がやりたいのか、わからない!」と仕事選びに悩まれる人は、多いのではないでしょうか?その原因は簡単です。それは、現在、日本にどんな職業があるのか、情報不足で考える材料がないからです。

 そうか!単なる自分は職業の情報不足だったのか!と感じる方は、下記の順番で行動を起こしてみてください。そうすると、ついさっきまで、霞んでいた視界が晴れてきます!

まず
①『学びの羅針盤』には、仕事内容のポイントだけを簡潔に掲載していますので、興味のある職業を気軽に見ていきましょう。
  ↓
そして
②興味を持った職業の下の欄に、その職業に就くための資料請求先を載せていますので、まずは資料を請求してみてください(もちろん資料請求は無料ですから安心してください)。
  ↓
あとは
③取り寄せた資料を見比べて研究です。

ここでのポイントは、
目を閉じて、自分がその仕事をしている姿を想像することです。どうしてもイメージが湧かないようであれば、残念ながら、その職業はあなたに合っていないのかもしれません。もし、具体的なイメージできて、なおかつ楽しそうな自分が見えたら、それが、あなたにぴったりな仕事である可能性が高いということ。あとは実現に向けて行動するだけです。

ねっ⁉ 簡単でしょ?
あとは、あなたの健闘を祈ります❣

 

資格・試験・免許が必要のない職業
学びの羅針盤
タイトルとURLをコピーしました